01黄色いさくらんぼ

 

f:id:yokoshimanakokoro:20180226011329j:plain

 

黄色いさくらんぼ。

「子供が小さいうちはなるべく添加物は食べさせたくない」と考えていた私の母が、たまに生協で買ってきてくれたさくらんぼの缶詰。

メロンソーダにのっている、中まで真っ赤なあのさくらんぼを全く気に留める様子もない、優しいうす黄色。

シロップ漬けだから当然甘いのだけれど、とってつけたような甘さじゃない。

中からじんわり、とろりとした甘さで、やみつきだった。

 

近頃のスーパーじゃなかなか売ってないんだけれど、先日東京に越してきて初めて見つけて感動し、すぐにカゴへ。中国産の赤いさくらんぼと比べると高価なのに、気にせずカゴに入れられたことで、「うわ、大人じゃん」と脳が言った気がした。

小さいころの私にとってこの黄色いさくらんぼは“ごちそう”だったけれど、今では自分で買えるようになったのだ。

大人にとってはごく当たり前の行為を一つずつ経験していって、こうして大人になっていくんだなあと、ごく当たり前のことをさくらんぼで感じた日だった。

 

 ヨコシマリンコ