ささいなご報告ですが

こんばんは。ヨコシマリンコです。

少し前から男性の先輩放送作家さんの下につかせていただき、放送作家見習いとして都会を練り歩いておりましたが、先日その関係を解消いたしましたのでご報告させていただきます*

 

大した話でもネタでもありませんが、理由はこちらには書きません。

もし理由が気になる方がいらっしゃいましたら(お世話になりました先輩放送作家さんのお手を煩わせたくはないので)私に直接聞いてくだされば幸いです。

ご飯大好きマンですから、美味しい食べ物があればどこにでも出向かせていただきます。

 

 

ということで、元競馬ゴーストライターのヨコシマリンコは、完全なるフリー放送作家(自称)になりました。

20代女性の意見がいる方、女性作家を募集している方、リサーチやその他手伝いを募集している方。お声をかけていただけたら幸いです。リンコはただいま極貧です。(→yokoshimarinko@gmail.comまたはツイッターDMから@yokoshimarinko)

 

ライター・放送作家・エッセイやコラム以外にもやりたいことがありすぎて、もろもろ企んでいます…。

1年後、5年後10年後、自分が何になっているのかまったく分かりませんが、文字には携わっているのだと思います。


ただ、やりたいことのために、モラルやセクシャルや自我を犠牲にするのはもう、止めます。

平和が一番!!!!!!!


 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 f:id:yokoshimanakokoro:20171017212004j:plain

 人生楽しいけど運動してないので脚はずんぐりむっくりです。

 

ヨコシマリンコ

行ったり来たり、高速バス

残してきた親に顔を見せることと、母の経営するサロンで髪の毛をツルツルにしてもらうため、私は割と頻繁に名古屋へ帰省する。

 

f:id:yokoshimanakokoro:20170914204343j:plain

 

移動はもちろん高速バス。

 

ただ、深夜バスは「寝なきゃ」という気持ちに囚われて落ち着かないし、眠っている間に事故死しても困るので、朝か夕方のバスを利用している。往復8000円いかないくらいで、止まる駅も多いため、たいへん便利。6時間くらいかかるけどね。

新幹線なら名古屋まで2時間くらいだけど、値段は片道でも8000円じゃむりぽが溢れる。

 

私はまだまだビンボーだから、お金で時間を短縮できたりはしないのだ。

 

ただ、新幹線貴族たちが味わうことのできない、広い窓から見える景色や、夜のサービスエリアのひんやり澄んだ空気。

新幹線じゃ、感じる間もなく過ぎ去ってしまうものも、バスでは存分に味わうことができる。

 

そりゃ、私だって新幹線乗りたいけど!本音は!!

でも今は、サービスエリアで買うスタバで幸せを感じられるんだから、人生悪くないって思う。

新幹線貴族も、バス平民も、どちらでも選べるようになれるべく、がんばるね。

 

ヨコシマリンコ

 

今日の旅のお供

怪しいTV欄

怪しいTV欄

なにになりたいか、まだわかんない

f:id:yokoshimanakokoro:20170806231921j:plain

 

高校が一緒だった子たちのバンドが、最近メジャーデビューした。

その子たちは高校時代、軽音楽部で、運動会、文化祭、全校集会…全校生徒が集まるような行事には必ずライブをして、当時も取材がきたり、ラジオにでたりしていた。

 

すごい。すごいよね。

 

なにがすごいって、高校を辞めてからもずっと音楽を諦めず、探求し続けて、メジャーになった今も好きなことを好きなだけ表現している(ようにみえる)こと。

 

(ちなみに私も小さい頃の夢は歌手であり、真剣に打ち込んでいた時期もあった。けれど、「歌手になるならマライアキャリーくらいになりたいけど、天井まで突き詰めても天性の歌声やセンスには敵わない」と自分の限界を決めてしまったことと、「ていうか元々人前に立つのは苦手だ」という根本的な問題から諦めた)

 

友人の出る舞台やライブに招待されて行くといつも思う。

「すごい」「うらやましい」「くやしい」「わたしもがんばろう」

 

自分を自分なりにあらわにして、表現して、キラキラしているってほんとうにすごい。

 

私はもう、よこしまな気持ちばかりが邪魔して、宝くじがあたった時のことや、なんか他人任せでいろいろコトが運んでうまくいってお金持ちになってあの車を買おうだとか、そんなことしか考えてない。

 

なにになりたいか、まだぜんぜんわかんない。

 

でも、おそろしくがんばっている彼女たちをみて、今のわたしにできることを1日1日具現化していこう、と決意新たに思った風呂上がり。

 

24歳にして何を今更そんなこと…って思われたらやだな、とか、やめる。

 

人の目気にしてがんじがらめ。もうやめる。

未熟な自分を隠して取り繕うの。もうやめる。

 

 

ヨコシマリンコ

 

誰でもできるバイトは、誰でも出来ない仕事のモチベーションになる

f:id:yokoshimanakokoro:20170630002628j:plain

 

「自分はライターである」というモチベーションと意識を保つため(とお金のため)に、近所のカラオケ屋で働いていたことがある。

 

かなりの個人的見解だけど、「カラオケ」「パチンコ」「漫画喫茶」で働くフリーターの中には、民度の低い人が結構いる。

なんでだろう…バイト自体は「楽そう」だし、「タダで歌える・読める」「割と時給が良い」だとかが原因だろうか。

 

高校時代にも地元の小さなカラオケ屋でバイトしていたけど、その時の夜勤組はすごかった。一人はすぐ客やスタッフにキレて毎日クレームが絶えなかったおじさんと、バツイチ子持ちなのにフライヤーの油に手を突っ込んで「度胸試し」とか言いながら遊んでるおじさん。どちらもフリーターで、趣味はパチンコ。

高校生ながら、「どこかしらに何かしらの問題があるからオジサンなのにバイトなんだなぁ」と思っていた。2人とも割と良い人だったけどね。

 

その後紆余曲折あって、東京に出てからも近所のカラオケ屋で働く機会があった。

とりあえず「家から一番近いバイト先」で「経験もあって覚えるのも簡単」という理由からバイトを始めた。

そこでは同年代のフリーターやパート主婦が多く、殺伐とはしていなかったがやっぱり民度が低かった。

だって、「ちんこ」とか「うんこ」とかでゲラゲラ笑っている。主婦さえも「あ〜〜煙草吸いたい」と嘆いている。バックヤード内で客には聞こえないとはいえ、「あの客死ね!」と言っている。なんて世界なんだここは地獄か…。

 

「わあ、早くライターとして生計を立てられるようにならないと、こんなとこでずっとバイトしなくちゃならないんだ!」と毎秒思っていた。

そうやってカラオケバイトに入るたび自分を奮い立たせた。

 

誰でもできるバイトは、そのレベルの人しか集まらないことが多い。

でも、誰でもできるバイトは、誰でも出来ない仕事のモチベーションになるよ。

 

早く、自分の好きなことだけで食べていけるようにならなければ。

そんな24歳フリーター。

まだ、誰でもできるバイトもしています……。

 

ヨコシマリンコ

皮と身はきっと別芋

焼き芋が好きだ。

安納芋なんかは、もうすごく好きだ。ネットリ派だ。

 

その浮ついた気持ちがおさえられず、たまにスイートポテトを買う。

砂糖の甘さは得意じゃないけど、買う。

 

これは芋に限ったことじゃないけれど、特に、元の形を再現されてる系に弱い。

f:id:yokoshimanakokoro:20170624214139j:plain

 

この前思わず三鷹駅ナカで買っちゃった、松蔵ポテトのスイートポテト。
グラム売りで100g238円。これは260円くらいの。

 

一度全ての内臓をくり抜かれて、あま~くされて体に戻されると思うと尋常ではない。そこはかとないサイコパス

 

ちなみに味は、洋酒がかすかに感じられて甘すぎず、美味しかった。
(原材料の確認はしてないので洋酒が入っているかはしらんが)

どっしり重くしっとり、を想像していたけど、わりとさっくり軽い。

皮に残っている、スイートじゃない芋の部分も美味しいよ。

松蔵ポテト 三鷹
住所:三鷹市下連雀3-46-1JR三鷹構内 アトレヴ三鷹3F
電話:0422-56-0009
営業時間:【月~土】8:00~22:30【日・祝】8:00~22:00
休日:不定休(アトレヴ三鷹に準ずる)